【肩こり&坐骨神経痛?】肝臓の不調による症状

 

肩こりは多くの人を悩ませる症状の1つです。

 

実際に症状を訴える物の中で

女性の第1位となっています。

男性でも腰痛に引き続いて第2位になります。

 

この肩こりの原因について紹介したものはこちら

 

この肩こりを引き起こす原因の1つに

肝臓の不調があります。

 

また、肩こりだけではなく肝臓の不調によって

骨神経痛を引き起こすことがあります。

 

坐骨神経痛とは

臀部から大腿後面、下腿後面まで痛みや痺れを引き起こす

疾患です。

 

なぜ肝臓の不調によって

肩こりや坐骨神経痛のような症状が起こるのか

解説をしていきます。

 

【肩こり&坐骨神経痛?】肝臓の不調による症状

 

肝臓はとても大きい臓器で役割もたくさんあります。

 

①栄養の代謝

②解毒作用

③担汁を作る(脂質の消化に不可欠)

 

この他にもたくさんあります。

 

また、肝臓は呼吸をするために重要な

横隔膜という筋肉と連結しています。

 

そのため、肝臓の動きが悪くなってしまうと

呼吸が深く行いにくくなる可能性があります。

 

すると、呼吸が浅くなり

自律神経の乱れにもつながっていきます。

 

自律神経が乱れることによって

●食欲が乱れてしまう

●様々な不定愁訴につながる

 

ことも考えられます。

 

肝臓の働きについてはこちら

 

この記事では肝臓の不調が具体的に

なぜ肩こり坐骨神経痛につながるかを解説をしていきます。

 

 

肝臓をコントロールする神経と肩こり

 

肝臓などの内臓も神経によってコントロールされています。

そして肝臓には首から出る神経が繋がっています。

 

つまり肝臓に何かトラブルがあることで

神経を通して首にその刺激が入ることになります。

 

 

そして、その首の部分の神経は

肩まわりの筋肉をコントロールしているため

肝臓のトラブル→首の神経に影響→首や肩のコリ

 

ということが起こります。

 

なので、右側の首の凝りが強い場合は

肝臓のトラブルの可能性があります。

 

肝臓と腸の関係による坐骨神経痛

 

坐骨神経痛とは

臀部から大腿後面、下腿後面に痛みや痺れを引き起こす疾患です。

 

では、なぜ肝臓のトラブルで

坐骨神経痛が起こるかと解説をします。

 

肝臓には栄養が集まります。

その栄養を集める血管を門脈といいます。

 

この門脈は本来肝臓に集まるのですが

肝臓のは働きが悪くなることで

鬱血してしまいます。

 

鬱血して血液がスムーズに運ばれないと

血管の根本である下腹部にも

血液が鬱滞してしまいます。

 

その結果、坐骨神経にもきちんと

栄養が回らなくなってしまって

痺れや痛みが起こることにつながります。

 

だから、肝臓にトラブルが起こることによって

坐骨神経痛を引き起こしてしまうことがあるのです。

 

その場合は、肝臓のケアがとても重要になります。

 

肝臓のケア

 

肝臓のケアとしては、肝臓の内臓ヨガが有効です。

『肝臓の内臓ヨガ』

 

また、肝臓に負担をかけないような

生活の意識も重要になります。

 

●お酒を控える

●薬を過剰に取らない

●加工食品を過剰に取らない

 

ように気をつけましょう!

 

まとめ

 

●肝臓のトラブルが起こると

肩こりや坐骨神経痛などの症状につながる

・首の神経と肝臓がつながっている

・肝臓のトラブルにより鬱血が起こり

坐骨神経につながる

 

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。