【ダイエットの基礎】食欲コントロールとは何か

 

多くの女性が1度はダイエットの経験があると思います。

 

今流行りの2ヶ月で10kg減量!の様な

短期集中のトレーニングジムに通ったことがある人も居ると思います。

 

そこではどんな食事指導を受けていましたか?

トレーニングと一緒にほぼ必ず食事制限も強制されていたと思います。

 

しかし、この食事制限は

食欲を無視してただ我慢をしているケースが圧倒的に多いです。

 

こんなことをしていれば、短期的には痩せることが出来ても

どこかで我慢の限界がきて、リバウンドを引き起こします。

 

これは食欲を無視しているからです。

 

短期で体重を減らさなければいけない理由がない限りは

食欲コントロールダイエットがオススメです。

 

むしろこれができないとほぼリバウンドします。

 

食欲がコントロール出来ている状態とは

頻回な食べ過ぎが起こらず自分自身の

お腹の空き具合に合わせた食事量で満足できる状態です。

 

これができればリバウンドはありません。

さらにダイエットもスムーズに行うことが出来ます。

 

だから、ダイエットの前にまずやることは

食欲のコントロールなのです。

 

 

今回は食欲コントロールする上で大切な

食欲のメカニズムについてお話ししていきます!

 

【ダイエットの基礎】食欲コントロールとは何か

 

食欲は脳で自然と生まれるものです。

だから、ただ我慢をしようというのが大きな間違いです。

 

食欲は2種類存在しています!

 

①嗜好性に基づく食欲

②恒常性維持に関わる食欲

 

 

①嗜好性に基づく食欲

 

嗜好性に基づく食欲とは

おいしい〜!!!を求めて食べることを言います。

 

本来食欲というのは

身体の中のエネルギーが不足した際に感じるものです。

 

しかし、それとは別にで美味しかった!

と感じる部分が反応して、食欲を生むメカニズムが

嗜好性に基づく食欲と言います。

 

この食欲はエネルギーが不足していなくても起こります。

 

皆さんも感じたことがあると思いますが、

食後のデザートは別腹というのもこの食欲のメカニズムです。

 

つまりこれは本来必要ではない

偽の食欲ということになります。

 

このような食欲の場合は、すぐに何か食べずに

●10分我慢してみる

●スクワットのような運動を30回くらいする

●ちょっと散歩する

 

のような対処をしてみましょう!

 

それによって、食欲が消えてしまえば

偽の食欲だったということです。

 

もし、時間を空けてもどうしても食べたかったら

無理せず食べるようにしましょう!

 

ただしこの時にはルールがあります。

 

それは、

必ずお腹具合を感じながら味わってよく噛んで食べる

ということです。

 

このルールだけ守れば

別腹でデザートを食べたから太るということはなくなります。

 

②恒常性維持に関わる食欲

 

恒常性維持に関わる食欲とは

身体のエネルギーが不足した時に起こる食欲です。

 

この食欲は血糖値ホルモンによってコントロールされています。

 

血糖値はが高まれば食欲は低下します。

逆に、血糖値が下がることで食欲が強まります。

 

レプチンと呼ばれる脂肪細胞から

分泌されるホルモンは食欲は低下させます。

 

逆に、消化管から分泌される

グレリンというホルモンは食欲を強めます。

 

このように食欲は血糖値とホルモンによって

無意識的にコントロールされています。

 

 

だから

ただ闇雲に食欲を我慢して食事制限をすれば痩せる!

 

なんてことはありません。

 

食欲を意志の力だけで抑えようなんて無理です。

ちゃんと身体の声に耳を傾けて

食欲をコントロールできるようになりましょう!

 

食欲コントロールのポイント7つ(動画で解説)

 

 

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。